国内にも普及してきたビットコインATMって何?

皆さんビットコインにもATMがあるのはご存知ですか?

実は以前から国内にもビットコインATMはあったのですが、最近多くの飲食店等にも置かれるようになってきているそうです♪

 

今回はそんなビットコインATMはどんな物なのか、ビットコインATMの使い方を紹介します★

 

 

【下ろすだけじゃないのがない!】

私たちが日常的に利用しているATMだといわゆる「入出金」ができますよね。

お給料を下ろしたり、支払いのために振り込みをしたり・・・。

実はビットコインATMはそれだけではないのです!

 

ビットコインATMは「ビットコインの売買」までできる多機能なATMなのです!

 

一般的にはビットコインは仮想通貨取引所にお金を入金して購入、現金に換えるのであれば仮想通貨取引所で出金申請をしてATMまで行って引き出す、といった流れだと思います。

 

その一連の機能がビットコインATMでできてしまうんです(*’▽’)

わざわざ外出するのは面倒ですが、お出かけしているときに現金はないけどビットコインならある!といった時に便利ですよね♪

 

 

【どうやって使うの?】

使用方法も普通のATMとは違います。

仮想通貨取引所と同じように本人確認が必要です。

 

運転免許証やSMS認証、指紋のスキャンなど取引を開始するにはひと手間必要なのです。

面倒かもしれませんが、ここまでやればセキュリティ面でも安心ですよね。

 

購入する場合は購入したい分のJPYを入力し、自分の持っているウォレットの入金用アドレスやQRコードを読み取らせるだけで完了します。

売却もほぼ同じ手順で完了します。

 

 

【これからビットコインATMは増えるのか?】

ビットコインは仮想通貨法もでき、ニュースでも毎日のように話題になってきているので今後町中に増えてくるのではないかな~とふわふわした考えですが、私個人としてはこれから国内でビットコインATMは増えてくると思います。

 

アメリカではすでに全土にビットコインATMが配置されていて、ニューヨークやカリフォルニアにはたくさんあるようです。

 

ビットコインが利用できるお店が増えている今、コンビニや商業施設など普通のATMと同じようにビットコインATMが配置される日は遠くないかもしれませんね・・・(^^)/